Kindle Paperwhite(キンドルペーパーホワイト)を1年と半年使ってわかった良い点6つ、注意点4つ、感想。

Kindle Paperwhiteは素晴らしい端末で、お勧めしたい電子書籍リーダーです。

この記事では具体的に何がおすすめか、どんな良い点があるのか、また注意点や感想も述べています。

目次

Kindle Paperwhiteの良い点

良い点①手軽に読書できる

Kindle Paperwhiteの魅力が、手軽に読書できるところです。コンパクトな本体と起動の速さ、そしてコンテンツ量の多さが相まって、非常に手軽に読書することができます。

外出先でも家でもこのKindle Paperwhite1台あればさまざまな本を読むことができます。

さらに起動が早いので、さっと手にとってパッと起動し、ささっと本を読むことができ、非常に快適です。

Kindle Paperwhiteを活用することで、読書の質と量が改善されると思います。

良い点②コンパクトな本体

Kindle Paperwhiteはコンパクトなため、外出先でも、家の中で、歩きながらでも読書することができます。

家の中で読書することが多いですが、長い間座った姿勢のままだと腰が痛みますし、キツくなります。

そんな時、Kindle Paperwhiteをパッと持ち上げ、片手に持ち、立ちながら読むと、良いリフレッシュになります。

ずっと同じ体勢ではなく、姿勢を変えながら読書するのがおすすめで、それが快適にできるのがKindle Paperwhiteです。

良い点③値段も手頃

値段も手頃なので、安くて質の高い電子書籍リーダーを探している方にもピッタリです。

前にKindle Scribeもレビューしましたが、Kindle Scribeは値段が高価なため、万人にお勧めできません。

ただ、その分ペンでメモもすることができますし、品質も高いです。

大きな端末の方が良くて、ペンでメモをすることができることを魅力に思う方はKindle Scribeをお勧めします。

ですが、コンパクトな端末でも良くて、ペンでメモを取ることを必要としない方は今回レビューしているKindle Paperwhiteをお勧めします。

良い点④自分の読んでいる本の表紙を常に表示することができる

Kindle Paperwhiteでは、スリープモードにした時、自分の読んでいる本の表紙を表示することができます。

自分の好きな本を読みますので、お気に入りの本の表紙を常に眺めることができるのは幸せなことです。

また、常に今読んでいる本のタイトルを意識することで、筆者が一番伝えたいことを意識しながら読む効果も期待できます。

良い点⑤読みやすい文字のサイズに変更することができる

電子版ならではのメリットが文字サイズを変更できることです。

本来、紙の本なら小さい文字でも、電子書籍リーダーなら大きく、読みやすく表示することができます。

これにより小さい文字が読みにくい人でも、ストレスなく読書に没頭することができます。

良い点⑥前述や後述とハイライトされている部分に跳ぶことができる

これも電子版ならではの機能です。「前述にある通り」や「後述します」などと筆者が述べることがありますが、どの部分か分かりにくい場合があります。

そんな時に電子版だとタップすれば該当箇所に跳ぶことができます。

もちろん、元の読んでいた位置にもワンタップで戻ってくることができます。

このように、良い部分がたくさんあるKindle Paperwhiteですが、注意点もあります。

Kindle Paperwhiteの注意点

注意点①白黒表示

Kindle Paperwhiteは白黒しか表示できません。

よってカラーの本は表示できない(正しくは一応は表示することはできますが、見えにくい場合や正しく表示できない場合があります。)ので注意が必要です。

注意点②Kindle専用端末

Kindle PaperwhiteはAmazonのサービスであるKindle専用端末です。

使用にはAmazonのアカウントとKindleで購入した電子書籍が必要です。

注意点③残像が残る。動作がもっさりしている

通常の液晶ではなく、eインクを使用しているため、残像が残る場合があります。

しかし、しばらく使用していると画面リフレッシュが起こるため、残像は改善されます。

また、動作がスムーズに動かず、少し反映にラグがありますので注意が必要です。

注意点④想像以上に小さい

Kindle Paperwhiteは想像以上に小さいです。

しかし、使っていくうちに慣れてきますし、このコンパクトさが逆に便利に思えるようになります。

Kindle Paperwhiteを1年と半年使った感想

Kindle Paperwhiteは非常に良い買い物だったと思います。

なぜなら読書のハードルが格段に下がり、読書をすぐに、手軽にできる環境が作れたからです。

読書をすれば、たった1000円や1500ほどでさまざまな人類の叡智を読むことができます。

さらに今はAmazonがKindleアンリミテッドという素晴らしいサービスを提供しており、定額で本が読み放題のため、さらに必要な値段は下がります。

>>「お勧めのサブスク、Kindleアンリミテッド」(準備中)

さまざまな本を読むと、さまざまな物事に詳しくなり、さまざまな世界をみることができます。

そして、本を通して、さまざまな驚きや発見を垣間見ることができます。

>>「読書をして人生が変わった話」(準備中)

世の中には一見、不思議や謎に包まれているように見えるものでも、それに深い理由や、合理的な理由が隠れているものです。

そのことを知っていると日々の暮らしが豊かになり、世界の見え方が変わってきます。

なので、読書のハードルが下がり、読書の量が増えるメリットは、とてつもなく大きいものだと思います。

まとめ

Kindle Paperwhiteは非常にお勧めできる電子書籍リーダーです。

コンパクトで場所を取らず、値段も安く、電子書籍の恩恵も受けられます。

何よりも読書のハードルを下げるのが素晴らしいです。

読書は素晴らしいものです。

読書のハードルを下げてどんどん読書をし、知識をつけて、さまざまな世界を探究していきましょう。

そうすることで、現実世界も見え方が変わってきます。

現実世界を豊かにするためにも、日々の勉学と読書に勤しむのは、とても合理的なことだと思います。

その学習の旅をKindle Paperwhiteと共に出発することを検討してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次